ハイアットグループの主催する”THE GOOD TASTE SERIES 2017″をパートナー企業としてサポートしています。

ハイアットホテルズ アンド リゾーツがグローバルで展開する料理コンテスト”THE GOOD TASTE SERIES”が、この度、グランド ハイアット 東京でも初の開催となりました。

Chef Works Japanは、既に海外においても交流の深いハイアットグループの国内コンテストをパートナー企業としてサポートすべく、参加シェフたちへユニフォームを提供しています。

シェフたちが着用するユニフォームは、使い勝手と機能性を追求したハートフォードシリーズ。

Chef Worksユニフォームのラインナップの中でも不動の人気を誇り、トレンドやこだわりを強く求める料理人たちからも強い支持をいただいています。

“THE GOOD TASTE SERIES”は、一昨年、北米での開催を機に、世界各地に広がりを見せています。ハイアットグループの料理人たちがひとつに集い、技を競い合うことで、創造性や才能をより高め合うことを目的とされ、コンテストは年々、様々なメディアで注目を集めるようになっています。

 

日本・ミクロネシア地区予選大会には、計11名の料理人たちがエントリー。この場でテーマとなる素材を用いて、2品の料理を創作し、その技を競い合いました。

地区予選大会の開催地は、以下の6箇所

  • 香港・マカオ・台湾・フィリピン地区(香港)
  • 中国地区(上海)
  • 東南アジア(シンガポール)
  • オーストラリア(メルボルン)
  • 韓国(ソウル)
  • 日本・ミクロネシア地区(東京)

 

■審査員は、以下の5名

  • The Japan Times フードライター ロビー・スウィナトン氏
  • ELLE gourmet 副編集長 望月貴史氏
  • ELLE gourmet シニアエディター 山口繭子氏
  • キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロの料理長 ギヨーム・ブラカヴァル氏
  • 日本ハイアット 代表取締役 阿部博秀氏

 

今回、地区予選大会を制したのは、パークハイアット東京「ニューヨーク グリル&バー」料理長ステファン・ヘアット氏のもとで、腕を振るう杉崎智也シェフ。

杉崎シェフは、日本・ミクロネシア代表として2017年10月30日の香港でのセミファイナルへの出場権を得て、2018年1月ハイアットグループの本拠地であるアメリカのシカゴで行われる本大会への出場を目指します。

 

当日、この場に同席したChef Worksのスタッフも、審査対象となった料理のテイスティングや表彰の舞台など、始終興奮を抑えられない一夜となりました。

 

Chef Works Japanは、次世代のシェフたちの未来を応援するパートナー企業という立場を超え、コンテストの今後をさらに注視できたらと思います。コンテストの動向は追って紹介させていただく予定です

 

■THE GOOD TASTE SERIES 2017

https://www.facebook.com/GrandHyattTokyo/

 

ハイアット ホテル&リゾート

https://tokyo.grand.hyatt.com/ja/hotel/home.html

https://premierhotel-group.com/brand/hyatt.html